クアッドラゴゥ

完成品

アルスとの闘いのあと、ビルドダイバーズのメンバーとエルドラとの交流は続いていた。
クアドルンの協力でエルドラの古き民の遺跡の解析が進み、GBN運営の理解と協力が得られたことでGBNとエルドラを繋ぐルートが安定化され双方の自由な行き来が可能となった。
そこでエルドラ側からGBNにログイン、プレイするための機体として最初にビルドされたのがクアッドラゴゥである。

ザフト軍の4足歩行型MSラゴゥをベースに聖獣クアドルンをモチーフとしたカスタムが施されている。

リアルでのガンプラをパルヴィーズがビルドしエルドラで実体化、エルドラの遺跡システムを搭載し、エルドラ側からのGBNへのログインが可能となった。

GBNでのプレイ時はフレディが遺跡システムの管理と砲撃手、マイヤが操縦を勤める。
普段はエルドラで実体化した状態であり、エルドラの復興事業や物資の運搬に利用されている。

マイヤの操縦が非常に荒っぽいためフレディは振り回されっぱなしであるが、4足歩行で地上での機動性に優れるラゴゥとマイヤの相性は抜群でありフィールドを縦横無尽に駆け回る。

メインカメラはモノアイからバイザータイプに変更。
首元のの装甲はフレディのトレードマークであるスカーフをイメージしている。

ウイングにはBUILD DiVERSのエンブレムが刻印されている。

ウイングを展開して飛行が可能。

原典機と同様に無限軌道での走行も可能。

コアガンダムを騎乗させることもできる。

頭部には原典機と同様にビームサーベルを装備。

すれ違いざまに敵機を切り裂く。

機体後部にはバルバトスルプスレクスのテイルブレードを装備。

さらに機体後部にはコアガンダムのアーマーをバックパックとして装備し、そのウェポンを使用することができる。

アースクアッドラゴゥ
機動力が向上しビームライフルによる射撃が可能となる。

ヴィーナスクアッドラゴゥ
火力が大幅に強化され、地上でのホバー走行が可能となる。

ジュピタークアッドラゴゥ
宇宙空間での運用が可能となる。

ウラヌスクアッドラゴゥ
センサービットによる偵察や精密射撃による支援を行う。

サターンクアッドラゴゥ
メガニックドライバーによる突貫攻撃を行う。

四肢のコンテナにはエルドラン鏡砂が充填されており、コンテナ一つにつきコアガンダムのアーマーを一機実体化することができる。

ヒロト「フレディ、ウラヌスアーマーを!」
フレディ「はい!ヒロトさん!
ウラヌスアーマー、とうぞ!!」

バックパックも合わせて最大五つのアーマーを使用することができるため、本機と連携することでコアガンダムの運用が大幅に強化される。

最後にBUILD DiVERSのコアガンダム達と並べて。

以上、クアッドラゴゥでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました